2016年09月19日

努力する人間には


11日はスパ西浦で軽自動車のイベントがありました。


そのイベントへ毎年参加しているカプチーノオーナーが2人います。

アイフォン 050縮小.jpg


出会った当初は、このお二方がサーキットを走るなんて、まったく思わなかったです。


2台ともフルノーマルで、長く乗り続けることを目的でメンテナンスされていましたし、人を外見で判断してはいけませんが、2人とも優しいおじさまで、サーキットとかは嫌いなんだろうなと感じていました。

アイフォン 084縮小.jpg



その予想に反し、2人はもう4年以上サーキットを走り続けています。

それも半端ない回数を。



私としては、走りすぎで、クルマが壊れないか時々心配になるのですが、2人を見ていると、好き、楽しい、上手くなりたいというのは、こういうことなんだよなと教えられます。



ここまで努力しているなら、それをなんとか形として表してあげたい。


パッと思い浮かぶのは、イベントで結果を出すこと。



でも、2人がイベントに参加しても、同じような性能のクルマがなく、競う相手、ライバルという存在はいません。



私としては、モータースポーツ イコール スポーツだから、クルマというアイテムは使うけど、人間同士の競り合いをさせてあげたい。



そのためには、仕様変更をするか、もしくはクルマを乗り換えて、参加台数の多いクラスへ行くという方法はありますが、どちらも本人の望みではないし、何か違うよなと。



自分が導いたものの、努力を形にできる場所を提供できず、最近は申し訳ないという気持ちが強くなっていました。

このままでは、そのうち走ることに飽きてしまうかもしれないとも。



イベント当日、


2人はクルマが他より遅い、速いとかではなく、いまの性能を100%引き出そうと、自分自身と競い、楽しんでいました。


先頭を走っている訳ではなく、とてつもなく速いタイムで走っている訳でもないけど、走っている姿から一所懸命さ、



「クルマではなく、人間ががんばっている!!」



とすごく伝わった。




2人にとって、つまらない1日にさせてしまうだろうと思っていたのに、まさかこんな走りを見せてくれるとは・・・



サポート役の自分が逆にサポートされたのと、楽しい、つまらないというのは、自分の捉え方しだいで変えられることを教わりました。






賞典を狙えるとは、思っていませんでしたが、


アイフォン 092 (3).jpg


アイフォン 097縮小.jpg



天は自ら助くる者を助く






posted by KUNI at 21:18| Comment(0) | チームKUNI | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする