2016年04月08日

アルトワークスとレースと私

4月3日、筑波サーキットで開催されたハイパーミーティング2016。


コンテンツの一つにREV SPEEDアルトワークス5LAPバトルが今年から新たに加わりまして、各メーカーやショップが仕上げた新型アルトワークスが、20分間の予選・5周の決勝レースといった、スプリントレース形式で行われます。

2016ハイパーミーティング 017圧縮.jpg


その5LAPバトルに弊社アルトワークスと私も参加しました。


今回のテーマは(も)、「あまりコストをかけずに、安全・快適・楽しく走れるクルマに仕上げ、スポーツ走行に興味をもってもらう」です。


過去デモカーの旧型アルトや現デモカーのスイフトスポーツで走っていると、「そこまでしないとスポーツ走行ができない」と伝わってしまうことがあり、私がどれだけノーマルでも十分走れます!と言ったところで、言ってる事とやっていることが違うから・・・


いつもスタート時は同じ気持ちですが、いつも途中からおかしくなる・・・


だからワークスは絶対に自己満足をしないと決断(我慢)する!!


現在のチューニング内容は、


1.足回り KUNIオリジナル(17万円前後で発売予定)

アイフォン 018圧縮.jpg


2.マフラー KUNIオリジナル車検対応品 (6万円前後で発売予定)

アイフォン 045圧縮.jpg


3.タイヤ ヨコハマ ADVAN AD08 165/55R15 純正サイズ・ホイールは純正 (約6.5万円)


4.ブレーキパッド&リアシュー DIXCEL FパッドES RシューRGS (F6千円・R1万3千円)


5.左右シートローポジション化 (約4万円)



以上、部品代合計で約35万円です。


※その他、自分好みのドライビングポジションにするため、ステアリング交換とフットレスト取付、スポーツ走行時に必要となる4点式シートベルト、前輪にワイドトレッドスペーサーを装着しています。


初走行は前日、スイフトチューニングの大先輩である、ディーランゲージさん主催の「走郎」というナイスネーミングの走行会でした。


ワークスはいつも乗っているスイフトより1周10秒以上遅いことは確実だったので、快適ではあるものの、正直あまり楽しくないだろうなと思っていました。


ですから、サポートしてくれる仲間には、全部で5回ある走行枠のうち、1回か多くても2回でやめると伝えていました。


ところが走り始めると、


「おっ!想像していたより、ぜんぜんスポーツしてる!!」



けっして速くはないです。


ですが、ドライバーの操作に対しての反応が早く、小柄なボディなのによく耐えてくれ、攻めたいという刺激を与えてくれるなど、ちゃんとスポーツカーしています。


LSD(ノンスリップデフ)がないのでコーナーの立ち上がり等で空転しやすいのですが、足回りのセッティングとドライビングで空転させない方法を探ったり、久しぶりに0.1秒を短縮させる難しさと楽しさを感じることができ、気づくと5枠すべてを走っていました。



そのアルトワークスのサーキット走行映像や、


翌日のレース結果は・・・









26日発売のREV SPEEDをご覧ください!


<(_ _)>



2週間前までハイパミにワークスは持っていかないと言っていた…
今回も多くの方々にご迷惑をおかけしました。

m(_ _)m


posted by KUNI at 20:59| Comment(0) | アルトワークス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

スイフト着地させられず

明後日のハイパミーミーティングin筑波2016へは、ターボ仕様の最終章としてスイフトスポーツを出展、走行する予定でしたが、完成できませんでした。

​​

ごめんなさい




posted by KUNI at 22:54| Comment(0) | スイフトスポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする